【2022年版】年収1,000万の生活レベル

上場企業でいうと以下の企業がその辺にあたります。ランキング的には上場企業の中では3763社中97位の年収となっています。

 IJTT


月収で言うと、85万位になると想定されます。
税金等ひかれて手取りで言うと約50 – 60万位でしょう。

それぞれのパターンでどの程度お金を消費できるかシュミレーションしてみましょう。

1人暮らしの場合%万円
食費18%10万円
居住費28%16万円
水道光熱費6%4万円
通信費6%4万円
保険4%2万円
趣味娯楽4%2万円
貯蓄17%10万円
交際費5%3万円
その他6%4万円
※費用の比率はnensyu-ranking.comの独自調査より

1人暮らしの場合は余裕がある暮らしができると思います。

都会で1人暮らしでしたら自分のやりたいことが十分にできるでしょう。

地方の場合はなおさらでしょう。

次に親と同居単身の場合を見てみましょう。

親と同居単身%万円
食費14%9万
居住費7%4万
通信費3%2万
保険7%4万
趣味娯楽13%7万
貯蓄25%15万
交際費20%11万
教育費0%0万
その他6%3万

居住費が少ないないため貯蓄や交際費に費やすことができる割合が多くなっています。

同居でこの年収だともはや最強ですね。

次は夫婦2人暮らしの場合です。

夫婦2人の場合%万円
食費15%8万
居住費25%14万
水道光熱費7%4万
通信費8%5万
保険5%3万
趣味娯楽7%4万
貯蓄17%9万
交際費10%5万
その他6%3万

居住費が14万円程度と見積もると、良い暮らしができるのではないでしょうか。貯蓄も10万円程度できており、順風満帆な暮らしができるといえるのではないでしょうか。

最後に夫婦と子供2人の生活を見てみましょう。

夫婦2人と子供2人(中高生)の場合%万円
食費15%8万
居住費25%14万
水道光熱費8%4万
通信費9%5万
保険5%3万
趣味娯楽2%1万
貯蓄5%3万
交際費4%2万
教育費24%13万
その他3%2万

子供がいても十分な生活ができるのではないでしょうか。

居住費と教育費がダブルで効いてきますが貯蓄も出来ており、まだ余力がある生活ができるのではないでしょうか。



Author: nensyu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です