【2021年版】何県の企業に勤めるのがお得? vol2

先週の続きです。

今回はライトにどの都道府県に勤めるのがお得か、都道府県別で発表します。

地方ポイント=都道府県の平均年収 – 都道府県の上場企業の平均

※例)沖縄県の場合

   沖縄県の平均年収 – 沖縄県に上場している企業の平均年収

ランキング都道府県企業数平均地方ポイント
1沖縄県52,361,889
2高知県62,315,000
3秋田県31,967,672
4佐賀県41,883,502
5熊本県61,872,808
6山梨県91,850,309
7山形県51,678,019
8宮崎県51,461,900
9青森県41,451,909
10香川県151,444,005
11新潟県351,415,524
12福井県131,294,982
13岩手県41,266,950
14長野県341,242,335
15静岡県501,175,666
16京都府641,139,234
17千葉県491,103,942
18富山県221,088,215
19三重県221,076,645
20福島県111,032,379
21奈良県41,032,349
22岐阜県281,014,269
23鳥取県4960,260
24島根県3957,333
25群馬県22926,424
26埼玉県73915,230
27兵庫県107868,603
28福岡県80865,346
29滋賀県7844,585
30岡山県20835,567
31愛媛県10815,021
32徳島県5786,832
33栃木県17735,330
34大分県8716,296
35鹿児島県9625,355
36広島県45574,578
37和歌山県9538,585
38石川県26538,067
39宮城県20510,112
40北海道46494,410
41山口県13341,091
42茨城県12238,255
Author: nensyu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です